« 2008年6月 | トップページ

タンバリン その7

Kc3a0175_3 今日は、PICOTTOの初めての路上ライブの日だった足

飯田橋の駅ビルRAMLA 2Fのドトールの正面に、
イスやテーブルが並べてあり、ビアガーデンが設けられてて、その横に仮設ステージがあり、そこでライブができるのだムード

路上ライブ専門の企画会社を通してるので、堂々と路上ライブができるかたつむり

リハなしで、本番のみ出演TV

普段、そのステージでは、弾き語りのアーティストの演奏が多く、PAはいない。
個人でボリューム調整をするセルフサービスなんだってカラオケ

でも、PICOTTOのような3人で、しかも両手広げてパフォーマンスをするユニットの場合はそうはいかない。
今日は。特別に、企画会社の社長がPICOTTOの本番の時間帯だけ、PAを呼んでくれたのexclamation ×2

今日は他のスケジュールと重なって先生はいない。
いつもいるのにいないのは心細いががんばろーっビール

初めての路上だったが、PICOTTOの本番は、大成功に終わった位置情報

4人編成から3人編成になり、ちょっと質素に見えるのかなと心配だったけど、そんな心配は消えた満月

本番を重ねるごとに、振り付けが全員揃うようになってきて、ちゃんとしたタンバリンパフォーマンスに見えた晴れ

路上ライブなので、
ビアガーデンで、くつろいでる人たちは確かにいるが、決してPICOTTOを観るために座ってるわけではないし、
通り過ぎる人たちの様子も気になった目

私は、じっとイスに座って聴いてるつもりが、
世間の感想が聞きたくなって、通り過ぎる人の声に耳を傾けた。

実際に、足を止めて観てくれてるオジサンたちもいた。

携帯で写真撮ってくおにいちゃんもいた。

「わ~、アキバだぁー」って偏見の視線を浴びせる女の人たちもいた。

なるほどなって思ったヘッドフォン

そして、第三者の方の客観的な感想もいただいた。
私とは全く違う視点からの感想だったので新鮮だった。

PICOTTOは、アキバ系じゃない。
タンバリンを叩きまくるので、アイドル路線でもない。
でも、アニメソングを歌ってるので、世間からはアキバ系と思われるらしい。

今後のPICOTTOを進行する上での課題は、
ターゲットにするお客さんの層を決めることだ芽

今まで、曲を選ぶ際には、ヲタ芸との兼ね合いや流行に合ったアレンジ等をポイントにしていた。
けど、今の選曲の仕方では、あまりにもお客様の層が広すぎて 逆にお客さんがつきにくいらしい。

ジャニーズは、高校生がターゲットだし、宇多田ヒカルは、20代がターゲットになっている。
こんなふうに、ターゲットにするお客さんの年齢のリサーチも必要だってことだ。
それによって、必然的にPICOTTOというタンバリンユニットの今後の活動領域や到達点が決まってくる。

そう考えると、これからもアニメソングを使っていくのは PICOTTOの今後を考えると、どーも適当ではないような気がしてくる。

ま、タンバリンの技量など、リアルな問題もあるので、
すぐには方向転換できないが、この数か月のうちには 軌道修正し、もっと固めていこー位置情報

とにかく、回を重ねるごとに間違いなく前進している。

本番に挑み、PICOTTOは少しず成長し、お客さんに見られることによって少しずつ自分を磨きだす化粧
そして、お客さんの声が自信となるブティック

そして、観てるこちらも、自分の自信となっている。
頑張ってきてよかったと思えるぴかぴか(新しい)

お客さんが PICOTTOを褒めると、とってもうれしくなる。
自分のことのようにうれしくなるるんるん
人の事でそんなに喜べるなんて、きゃー おとな~~揺れるハート(笑)

っとまあ、無事に終わったのだわーい(嬉しい顔)

まだまだ休む暇なく 問題処理の作業は続く。
でも、なんとかがんばれそーですグッド(上向き矢印)
















 

| | コメント (37) | トラックバック (0)

タンバリン その6

昨日はタンバリンレッスン!
先日メンバーが一人辞退した後のレッスンだったので、しめっぽかったわ~(@@)。
4人編成だった振り付けが3人編成にかわったことによって、
調整が必要となって、急な出来事の対処に大変でしたspa
けど、楽勝でクリアーしたみたいtulip
さすが、フレキシブルブル~apple
もうじき、PICOTTOの屋外でのライブがありますよ~up
無料なので、どーぞ遊びにきてちょnote
chick7月15日(火)
飯田橋ラムラ2F ドトールコーヒー
ビアガーデン路上ライブheart01
出演時間:18:30~19:00
チャージ:無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ